人に惚れて 人になる

『人に惚れて 人になる』
 それは、自ら教育にロマンを持ち続け、これまでに多くの講義や講演会を通して学生のみなさんや保育現場に携わってこられた方々に時に笑いあり、時に涙ありの数々の感動の講演をして下さった本学園の元学長 故・秋葉英則先生が私たちに残してくださった最後の言葉でもありました。

 生前の秋葉先生は、自らのことは決して自慢しないが、素晴らしい人の話を私たちに次々と紹介し、聴く人の心を一つにしてくれる秋葉節で有名で、保育業界では一目置かれる教育学者であり、心理学者でありました。

 私は、この本のタイトルを見るたびに私が小学6年生だった時の担任の赤松先生と6年4組の友と共にすごした楽しい日々を思い出します。当時の私のクラス6年4組では、一時期『こっくりさん』が流行っていましたが、赤松先生は『こっくりさん』に熱中する私たちと一緒になって放課後に時間をとってまで『こっくりさん』の不思議にのめり込んでいた私たちに付き合ってくださいました。
 赤松先生は必要な時には厳しく、でも日ごろの学校生活では、当時何にでも興味津々だった小6の私たちのことをいつも気づかって温かく見守って下さる先生でした。赤松先生の温もりは今でも私の人格の一部となって私の心に息づいています。

 今、私は子どもたちから先生と呼ばれる仕事をさせていただいていますが、赤松先生のように温かく子どもたちの気持ちに寄り添える、惚れられるような存在でありたい!と思っています。
職場でも同じです。人は人に惚れて人になって行くんだなあと40代後半を迎えた私は、最近改めて考えさせられます。私は若い職員たちにとって見本となれるような存在なのだろうか?考えさせられる今日この頃です。

教育方針イメージ

 

 この本は、子育て真っ最中の人や保育関係者の間では『いつも感動の講演をしてくれた』と全国的に有名であった(本学園の元学長)故・秋葉英則先生の平成21年8月20日発行の著書です。
本を読んだ感想・・・
「私と子どもたちとの関係、職場で出会う人たちとの関係は、自分が誠実に周りにいる人たちと向き合い、温かい気持ちで相手と接することで、自分にとっても相手にとっても、とても大切な時間、人生の宝のようなものにも変わっていく。子どもたちとの関係、職場で出会う人たちとの関係をもう一度見直そう。」と思える内容でした。それからこの本のいたるところから、秋葉先生の人への温かさがひしひしと伝わって来て、「私も子どもたちにとってこのような存在でありたい」とこの本を読んで改めて熱く思いました。
 これを読んで頂ければみどり幼稚園がどんな保育をめざしているのか、またどんなところなのかなど、自園を紹介しているホームページや募集要項とはまた別の角度からも見えてくるのではないでしょうか。
本当に最後まで涙なしには読めない本ですが、保育関係者だけではなく園児のお父さんやお母さん方、広く皆さんに読んで頂きたい本の一つだと思いました。
 みどり幼稚園副園長 平尾道夫
※園でも特別図書として貸出させていただいていますので、興味のある方は職員までお問合せ下さい。